図書館に

村内の図書館に行きました

2週間の期日をまたも過ぎてしまってる
すみません

いつもやさしく許してれる職員さんに感謝です


言い訳ですが
読む時間がなくって
どれも中途半端

行く時間もない



それに2週間はあっという間



3週間ならいいのにな~




今回はこれら

DSC09224図書館済

「女の甲冑~」

この本

お目当てのジャンルのがなくて
何となく借りて

ちらっと読み始めたら

最近私が
自分やまわりのことで
何だかな~と思ってることを
ちゃんとした文章に起こしてくれてるエッセイじゃないですか!

わかるわぁ~



ほんとは
ブログもこんなふうに書きたい
文書力無しの私には遠いなぁ



「一度に5冊、借りられるようになったんですよ」

そりゃムリムリ~




ご覧いただき ありがとうございます。
会社からの帰り、
前を走っていた車の助手席の窓から
何かが落ちました。
今の時代でもポイ捨てする人っているんだとビックリ。
こういうのを見ると
捨てた本人以上に
助手席の同乗者を嫌う私です。
一緒にいるなよ!
それとも やっぱり同種類?
高知の人気ブログランキングに参加しています。
1日一回、クリックして頂けたら嬉しいです。
          ゆっくりね
    
人気ブログランキングへ

[ 2017/05/06 ] | TB(0) | CM(0)

お金の本

2週間経ったので
図書館に借り換えに行ってました

一度に4冊

つまらないかもと感心薄な本でもとりあえず4冊
なので結局読まないで返す時もあり



今回はこれら

DSC06740本済

最近、妙に「お金」に関した本が何冊もあります


投資の本やら
貯蓄の本やら
節約の本やら

金持ちに共通する考えかた
みたいな本まで




なぜこんなに・・と思っていたら
「珍しいでしょう、寄贈本なんですよ」
と教えてくれました

へぇ~

よくぞ提供してくれたもんですよね
なんだかちょっと恥ずかしいじゃないですか

ま、読んでみましょう

読むかな






真空パックの出来合いスパゲティー
初めて買ってみました
DSC06738スパ弁
お弁当の一品に便利~♪

けど炭水化物×炭水化物だわん





ご覧いただき ありがとうございます。
高知の人気ブログランキングに参加しています。
1日一回、クリックして頂けたら嬉しいです。
          ゆっくりね
    
人気ブログランキングへ
[ 2016/06/01 ] | TB(0) | CM(0)

図書館本

今日も暖かかった~

けど、あすからまた少し寒いとか・

ところで高知の桜の開花はどうなったの?
すっかり置いていかれた



この花はなんなんでしょう
挿し木したあと枯れたと思った鉢から復活してました
DSC06146黄色花


ご主人さまを送り出して一通り家事を済ませた後、二度寝 
DSC06145キンピラ弁

4時間くらいしか寝ない日頃の睡眠不足解消策





人気ブログランキングへ                                        



午後から出掛けたついでに図書館


ふるさと納税、やってみようかな~

1万円を寄付したら8千円戻ってくるらしい
去年から会社員なら確定申告ナシでやれる制度も始まったようだし・
食品だけじゃなくちょっとだけど家電品もあるみたい
へ~~
けど
お礼品は別として、確実に2千円は出ます
やらなければ0
んー
DSC06148本

西原理恵子さんの本
マンガじゃない、言いたい放題の本

本人がどういう人か全然知らないけど作品からガサツなイメージがありました

あんまり好きじゃないな・・と思いながらパラパラめくって読んでたら すっかりはまってしまって借りてきてしまいましたよ
言ってること わかるわ~




ご覧いただき ありがとうございます。
高知の人気ブログランキングに参加しています。
よければ1日一回、クリックして頂けたら嬉しいです。
          
    
人気ブログランキングへ
[ 2016/03/24 ] | TB(0) | CM(2)

買うなら捨てなさい

毎日違う格好をする

そのためにワードローブに「つい混ぜてしまうイマイチな服」

それを処分したら、おしゃれ平均値がちょっとアップするらしい

そうかもしれないですね
あれこれ組み合わせるためにイマイチな服でもなかなか捨てられない
好みの服以上あるかも

よくある1ケ月コーデネートをはじめとした「バリエーションの呪い」を解かねば



服を買うなら捨てなさい
DSC06023服本済

そもそも安物買いの銭失い

いい加減直したい

おしゃれな人はシンプル
これ、難しい
定番の服って買わないしな・・
小物であれこれなんても しないし・・

結論
これからは週に2回着てもいいかも服を選ぶようにしよう






人気ブログランキングへ                                        


またまた寝る前にを開けました 
おとといの夜

眠りに落ちかけたらご主人さまに見つかった

けど
朝起きたら「暑くて汗かいて夜中に目覚めた」ですって
ほらねー

DSC06021ウインナ弁



ご覧いただき ありがとうございます。
高知の人気ブログランキングに参加しています。
よければ1日一回、クリックして頂けたら嬉しいです。
          
    
人気ブログランキングへ


[ 2016/03/10 ] | TB(0) | CM(2)

やっと読み終えた「リバース」

あまり本を読まない私

読み始めても数行で眠気が襲ってくるのです

ミステリーならちょいマシですが
それでも少しづつ、やっと読み終えました

リバース 湊かなえ
DSC04232リバース済


「〇〇は人殺しだ」

主人公の彼女の勤務先に送られてきた告発文書からの
インパクトある始まりは どこか「告白」に似ています
大学のゼミ時代の仲間4人全員にそれぞれ送りつけられ
1人はホームから突き落とされ危ない目にまで遭います
主人公が 事故によって亡くなった仲間のことを調べ
探し当てた犯人と対面し 物語は終わりを迎えるかと思えた最後
衝撃の事実を主人公が気付く
といった内容でした



読みごたえある物語ではあったのですが
同時に文中で主人公が立てるコーヒーがすごく美味しそうで
高いコーヒーが飲んでみたくなりました




寝たり読んだりのいちにち

お昼はご主人さまが好きな半田そうめんにしました
DSC04231半田そうめん済

そしてまた昼寝です

夜昼逆転してますね




ご覧いただき ありがとうございます。
うーん、LINEの設定が上手くいくのか怪しく 二の足を踏んでます。
スマホじゃないってところがネックやね。
「設定しても繋がらない」って何人も書いてるし・・諦めるか・・。
高知のブログランキングに参加しています。
楽しんで頂けてましたらぜひ1日1回のクリック
このブログを応援
[ 2015/08/14 ] | TB(0) | CM(0)

視力回復しないかな・。

秋におこった腰痛と脚痛

実は完治していなくて、いつも朝起きた時に痛かったのです

その都度のストレッチでなんとか普通に居られたのですが
今夜になって急にまた左腰のエクボのところが痛み始めました

どんな体制をとっても痛かったあの痛みの始まりに似ています
困ったなあ・・

今のところ横になるとマシだからいいんだけど
ブログを書く体勢がしんどい・・・イテテ





スーパーの本コーナーで、こんな本を見つけて衝動買い

視力再生
IMG_2639健康本
どんどん悪くなる視力も悩みの一つです

腰痛の本を買うのが先だったかな
美容本より健康本のほうが興味あるようになったなんて・・

ちなみに、この本、まだこのまま
買っただけで安心するタイプです




今日はご主人さまだけ仕事
IMG_2673べん
今日のおかずはちょっと少なすぎた



ご覧いただき ありがとうございます。
久しぶりに土佐山田町神母ノ木でヘアーカット!
前に切った時、春菜みたいになったけどやっぱり同じように
バッサリ切りたい。後ろは自分に見えんから短くてもいいけど
前髪は重たくして欲しい。耳のところは・・わからん!
いつものようにこんな抽象的な説明なので聞くほうも困ってます(^^;)。
アタシ、真木よう子みたいな髪型が好きながよねぇ・。と言ったら
あー、あの「ひまわり」のドラマの人?確か、後ろのつむじあたりから
厚めに前髪になっちょったような髪型やったっけ?
そうそう、あんな感じながよー。
やっとイメージが伝わった!
やっぱり具体的に言わないといけないですね。
それにしても真木よう子にハマり過ぎ(^^;)
肝心の仕上がりは土台が違うけど満足です(^^)v。
高知のブログランキングに参加しています。
楽しんで頂けてましたらぜひ1日1回のクリック
このブログを応援
[ 2014/03/08 ] | TB(0) | CM(4)

生活情報雑誌 「暮しの手帖」

ずっと昔からあった記憶 がある雑誌「暮しの手帖」


なんか・・・
熟女というかおばあちゃんの知恵、みたいなことが
書かれている本で、私には全然お呼びで無いと思っていました 


ところがところが・・・
手に取って読んでみると、これが今の私には、ばっちりな内容


あらあら~、読み応えがあるじゃな~い
IMG_5175.jpg
そりゃそうですよね、私、熟女でした~


「天然生活」「うかたま」とかの
オシャレな雑誌もいいけれどチト若い人向け。。
こちらの本のほうがしっくりきます
現実的にいろいろ参考になる記事が多いのです


2ヶ月に一度の発行なので待ち遠しい






この前、妹S子夫婦が来た時の おみや
頂き物とのことで全て4等分に切り分けて頂きました
IMG_5168.jpg
滅多に自分でケーキは買わないので嬉しい~
これ、どちらのお店のでしょう?





ご覧いただき ありがとうございます。
3月始めに近くの神社のお祭りを行うので前もって掃除をします。
「○日に掃除です」と連絡がなく、今日あたりのはずなのにおかしいな・・
と言いながらも、今朝もウォーキング。
家に帰りつく頃、遠くに神社のノボリが見えてギョッ!
準備していますーー(◎o◎)。あわててご主人さまが向かいました。
やっぱり声掛けを忘れていたそう。
無断欠席に思われなくてよかったわ。
高知のブログランキングに参加しています。
楽しんで頂けてましたらぜひ 1日1回のクリックを。。
このブログを応援
[ 2012/02/26 ] | TB(0) | CM(0)

「長い廊下がある家」  有栖川 有栖

20101128.jpg


ミステリー小説です

臨床犯罪学者、火村英生が、
友人である作家の有栖川とともに難事件の謎を解く人気シリーズの第3弾!

表題の「長い・・」は4編あるうちの1つ



大学生の主人公が山の中で迷い、夜になってたどり着いた廃屋に
3人の取材チームがいた

一晩、一緒に居させてもらえることになる


聞くと、もう1つ離れたところに同じような廃屋があるらしく
2軒の空き家の間には、家同士を結ぶ地下の「長い廊下」があり
幽霊が出るとの事
それが雑誌(オカルト)の取材対象だと言う


朝になってその長い廊下の中間地点にある鍵の付いた扉の向こう側で
死体を発見する

全員にアリバイあり

犯罪学者・火村が謎に挑む





ミステリー・・久しぶりに読みました
いや、本自体あんまり読まなかったけど・・・

それでも中学生の時は図書室の
アガサ・クリスティーの「名探偵ポアロ」シリーズを全部読んだ
ミステリーなら飽きずに読むかも知れないと思って・・
それだけ読書に無縁でした


このミステリー、早くもほか3編は内容を忘れてしまいました
こうやって書き止めておかないと 何もかも忘れてしまう・・怖~!





いつも見てくださり ありがとうございます。
高知のブログランキングに参加しています。
よければ クリック お願いいたします。
このブログを応援
[ 2011/09/29 ] | TB(0) | CM(0)

バイバイ、ブラックバード

IMG_3761.jpg

<あのバス>で連れて行かれるところは「人間の生活が送れない場所」


連れて行かれる前に、
「交際している5人の女性に別れの挨拶をさせて欲しい」
と懇願するバカ男、星野


借金を重ねた星野を、組織の連中がマユミを監視役に置き
二人が「結婚する」というウソをひっさげて、猶予がある2週間の間に
それぞれの女性に逢いに行く物語





このマユミ
化け物のようなごつい風貌の大女
その言動も常識はずれで、暴言の嵐と横柄な態度で周りを固まらす

言葉使いだけで当てはめるとしたら・・・
そう、マツコ・デラックス!
いかにも言いそうな言葉のオンパレードです
ミッツ・マングローブじゃない、絶対マツコ!

小説の中のマユミは腕力もハンパなく
誰にも止められない暴れよう





5股を掛ける星野はチャラ男とは違う
マユミいわく、
「サッカーでいうところの、戦略とかシステムとかが無い。
 ボールが転がれば、わあ、っと追いかけていく子供と同じ男。
 いいな、と思う女がいたら何も考えず交際する。
 他の女のことはもう頭から抜け落ちている。」
 
タレントでは当てはまりそうなひとは思い浮かびません...





<あのバス> が気になりますが・・


マユミ=マツコの気分で読んでいたので
マツコのキャラクターが好きな私は
マユミにも良心があるに違いない、と思って期待してしまいます
星野の心境や切迫感とか全然伝わってこないし
作者もそのへんは重要としていないような感じです
最後、マユミは星野をどうするのか...


とても面白い本でした♪




ご覧いただき ありがとうございます。
朝起きたらご主人さまが
「冷凍庫の扉が開いて全部溶けちゅ~。エアコンも付いちゅ~。
 セットしたDVDも半分で終わっちゅ~。何で~?ブツブツ・・」

と、朝刊を会社に持って行くのを忘れて 出勤して行きました^^;。
高知のブログランキングに参加しています。
楽しんで頂けてましたらぜひクリックを。。
このブログを応援
[ 2011/09/09 ] | TB(0) | CM(0)

「カササギたちの四季」 道尾秀介

カササギたちの四季

道尾秀介 (1月に[月と蟹]で直木賞受賞) の 第一作

    
IMG_2973カササギ

「リサイクルショップ カササギ」の店長、華沙々木
その経営に誘われた友人でもある副店長の日暮
店に寄り付いている中学生の南見菜美

他人事に首をつっこむ華沙々木の的外れな推理の
後始末をする日暮の目から描く4作ミステリー



店に小学生がやってきて「店に落とし物をしたので探したい」と言う
子供が出入りする店ではないので了承しながらも疑うカササギたち
何故か?
数日前に持ち込まれたブロンズ像が 夜中に外部進入した何者かに
よっていたずら?されていたから・・
しばらく店内に居たが、帰る  
カササギが尾行

そのすぐ後、電話だけで購入予約をしていたが来店し
像の状態を見て愕然となるが、ボッタクリ料金を提示しても躊躇なく買って帰る
日暮が尾行

男が入って行った家は小学生の家でもあることが解り・・・・





ある木工店から従業員の家財道具一式の大量注文
配達に出向いたところ、木工店で「材料のケヤキが傷つけられた」ということを
聞いたカササギがまたも興味を抱き・・・




カササギの安易な推理の後始末をする日暮
すべては南見菜美のことを思っての行動
そのきっかけとなった、南見家での泥棒騒ぎ
盗まれたのはネコで・・・
 



毎度、再利用できそうにもない代物を売りつける憎らしい和尚
そんな和尚が「寺に生っているミカンをタダでいいので取りに来い」と言う
いぶかるが、珍しくオーディオセットを買ってくれたこともあり
皆で出掛ける
案の定、ひともんちゃくあるが、雪で帰る事が出来なくなった3人は
寺で泊まる事になる 
その夜、寺に泥棒が入り・・・・






物語が進むに連れ、単なるミステリーに
登場人物の機微が描かれて 深みが増していきます

日暮の一歩引いた性格に もんもんとさせられますが
終わりには晴れやかな読後感が残りました





ご覧いただき ありがとうございます。
高知のブログランキングに参加しています。
よければ クリック お願いいたします。
このブログを応援
[ 2011/07/29 ] | TB(1) | CM(2)

「夏美のホタル」 森沢明夫

夏美のホタル

IMG_2972夏美

カメラマン志望の大学生慎吾をバックシートに乗せて
保育士の夏美が運転するバイクがたどり着いた山奥にある店「たけ屋」

そこで暮らすヤスばあちゃんと息子の通称地蔵さんを中心に
近所の子ども 拓也ひとみ、仏像彫師の雲月たちとの間に生まれる
温かな交流を描いたハートウォーミングストーリー



今の季節にぴったりの 爽やかな作品です

全体の話の流れ自体は予想出来そうな展開なのですが、なにより
慎吾たちが地蔵さんから教わる山里での夏の遊びが細かに描かれ
とても懐かしい気持ちにさせてくれます

自分が幼い頃、川での水遊びや山を探検した事などが蘇りました


こんな作品を読むと、自然を楽しまなければもったいないという気持ちになる、
するりと読める お勧めの本です


あ~、どこかのお山に行きたいね~~




ご覧いただき ありがとうございます。
昨日の地震。ご主人さまは「ちょびっとだけ揺れた」と言う。
私は県民文化ホールでヒロミGOのコンサートの真っ最中!
たまたま曲間のおしゃべり中で、みんなびっくり!!
結構、揺れました。
1年2ヶ月の改修工事で耐震補強や施設設備の更新がなされた上での地震。
しかし、大きな建物での地震は怖いな。
高知のブログランキングに参加しています。
よければ クリック お願いいたします。
このブログを応援
[ 2011/07/06 ] | TB(0) | CM(0)

「告白」 湊かなえ

「告白」
IMG_2304.jpg
映画化されて、松たか子さんが教師役で主演した話題作

子供を殺された教師が、教室で
「私の子供はこのクラスの人に殺されました」と打ち明ける場面から始まる
ストーリー

名前は明かさず、でもあきらかに解るように公表し
追い詰めて行く

ぐいぐいと引き込まれていき、一気に読んでしまいました





学級委員長、犯人、その母親、
それぞれの心の内の表現は 各人の 書くという能力が立派すぎ・・

心情は伝わってくるけど 誰もが変


結末にも、あ然!
そんな終わり方。。。

小説というよりドラマっぽいかも・・


ありがちな生活の中での、日常では考えられない物語でした





いつも見てくださり ありがとございます。
高知のブログランキングに参加しています。
よければ クリック お願いいたします。
このブログを応援
[ 2011/06/26 ] | TB(0) | CM(0)

「きことわ」 朝吹真理子

「きことわ」

IMG_2305.jpg
直木賞受賞作品

別荘の持ち主の子供、きこ
その別荘の管理人の娘、とわこ  で、、きことわ。。



幼い日の夏の避暑地での回想から始まる

そして母親が急死し、交流がとぎれる
数十年が経ち、別荘を処分することになり再会



劇的な内容は 最後までありません

流れるように言葉の数々が溢れます

「語彙」が、これでもか、というくらい押し寄せ
前半はふわふわとした一定のリズムがあります

あらゆる表現が多く詰まっているので なかなか読み進めません



半分まで読んだ頃、(…飽きてます)
やっと、会話のやり取りが始まり物語に集中しかけましたが

後半の終わり、またも夢うつつのような表現と 言葉の嵐・・・
(…完全に斜め読みです)


言葉の選び方使い方、表現が すばらしいとも思いますが
私には集中困難な本でした。。



ご覧いただき ありがとうございます。
車庫のシャッターを開けたままにしていたら、
黒ネコがゴミ袋を荒らかして散乱!
今度はウッドデッキをウロチョロし回る。こらーー!!
高知のブログランキングに参加しています。
よければ クリック お願いいたします。
このブログを応援
[ 2011/06/11 ] | TB(0) | CM(0)

「タイニーストーリーズ」 山田詠美

「タイニーストーリーズ」

デビュー25周年にあたり山田詠美さんが書かれた作品で

家族の物語、少女の恋、電信柱の話や男女の愛…と、21もの短編
が詰まっている本です


初めて読んだ彼女の本ですが、(そもそも本は読まないけど…(~_~;)
普通の家族の話から始まったのには驚きでした

それまで雑誌などで本人を見た時の印象や、インタビューに答えた記事
の内容から普通の日常からかけ離れたイメージのある人でしたから、
へぇ~・・と言うような作品にまず驚きました

そりゃ、作家さんですから、色々作品を書くのは当たり前なのでしょう
がその強烈なイメージは私の中で強く固定していたのでありまして・・



もちろん、彼女の得意分野の作品もいくつもあるようです
私からするとあまり共感できないスチュエーションの作品もあります
でもそこは、単に好みの問題なので仕方ない・・

私の残念な脳ミソ(-_-;)では、結末の意味が解釈できなかった作品も
ありましたが、全体的に読みやすい本でした




コチラの中で、初めの1ページ目が閲覧できます
タイニーストーリーズって所をクリックして、
「この本の中身を閲覧する」から入っていけます
     ↓






いつも見てくださり ありがとございます。
台風も去ったのに、今日はそれ以上の強風!
庭木も折れてます。
高知のブログランキングに参加しています。
よければ クリック お願いいたします。
このブログを応援
[ 2011/05/30 ] | TB(0) | CM(0)

短編集 「チーズと塩と豆と」

「チーズと塩と豆と」

なんだか美味しそうな表題ですよ



IMG_2599本 
4人の女性直木賞作家が旅した地域をモチーフに書いた書き下ろし短編集

NHK-BSの旅番組「愛と胃袋」でドラマ化したみたいですね



舞台は、ヨーロッパの田舎
テーマは、土地の風習や食を通した、人々の愛や想い、切なさ





神さまの庭   バスク地方(スペイン)

恒例となっている親族の食事会
祝い事のように料理をサービスしながら母親の余命を打ち明ける父親に
反発し、しがらみの多い地域を飛び出す娘
やがてアルバイトで資金を貯めては、
治安の悪い国で食事の提供をする生活に・・
久しぶりに帰国した彼女に別れを切り出す彼
彼女は自分の想いを打ち明け、故郷に帰り親族を集め食事会を開く・・・・・


 角田光代 2005年「対岸の彼女」で132回直木賞
        「八日目の蝉」「ひそやかな花園」ほか





理由   ピエモンテ州(イタリア)

植物状態となった30歳年上の元教師の夫が入る病院に
ミネストローネを運ぶ彼女
一人山の上での生活に不安を感じながら、
反対を押し切って結婚した自分を解放できず・・

 井上荒野 2008年「切羽へ」で139回直木賞 
        「ベーコン」「もう二度と食べたくない甘いもの」ほか





ブレノワール   ブルターニュ地方(フランス)

父親が亡くなり、母と共に親族のもとで世話になり成長した彼
慣習を重んじる親族と口の悪い母親に辟易し都会に飛び出す
しかし仕事(シェフ)をこなすうち、融通が効かない
故郷の血が流れている自分に気付く。
「村の人間としか釣り合わない」と母が言っていたが、
知らずに惹かれた彼女も同じ故郷の出だった
母が亡くなり仕事にも嫌気がさし、彼女と故郷に帰り
全てを手作りしたターブル・ドット(民宿)を二人で開こうとする
やがて紹介された人から聞いた、母の思いとは・・・ 

 森絵都 2006年「風に舞い上がるビニールシート」で135回直木賞
        「カラフル」「架空の球を追う」ほか



アレンテージョ  アレンテージョ地方(ポルトガル)

郊外にバカンスにやってきたゲイカップル
車を運転するのはネクラな自分と唯一気の合う陽気で八方美人な彼
ジェラシーを感じながら数日を静かな村で過ごす二人とその周りの人々・・・


江國香織 2004年「号泣する準備はできていた」で130回直木賞
        「泳ぐのに安全でも適切でもありません」「がらくた」ほか






4篇とも 見たことも行った事もないヨーロッパの田舎が浮かんできます

しがらみを書いた森絵都さんの「ブレノワール」が、一番 感情移入できました

角田光代さんの「神さまの庭」も読みやすかったです




いつも見てくださり ありがとございます。
子供の頃から本といえばマンガしか読まなかった。
読書をしなかったので作文大嫌いで提出した記憶がない!
ないはずないけど記憶無し!
いよいよこれじゃイカンとたしなみ始めました。
頭がくらくらします~。
高知のブログランキングに参加しています。
よければ クリック お願いいたします。
このブログを応援
[ 2011/05/22 ] | TB(0) | CM(0)