最後は八朔(ハッサク)

文旦やポンカン

伊予柑、デコポン、八朔


せっせと食べて
おすそ分けもし


やっと
いっぱい置いてあった車庫が
片付いてきました




今は

水分が抜けて小さくなった文旦と八朔が少し残るのみ



とくに八朔

毎年一本の木にたわわに実ります



もっぱらご主人さまが

焼酎を割って飲むだけ


私はほぼ食べず...


だって酸っぱいんですもの

ずっと置いても甘く熟さないし・・






「美味しいよ。好きで!」

同僚が言うので

へ~
好きな人も居るんや


と思い直し
今年は食べることにしました





DSC00902はっさく

八朔は水っぽく
剥くときに
手がぐちゅぐちゅに濡れるのがイヤ!

それも食べない理由の一つ



それで

ひと房づつ
芯をキッチンばさみで切って剥いたら
すごく簡単にできることがわかって
どんどんヤル気が起きました



食べるより剥くのがおもしろく
どんどん剥きまくり!



それに
独特の味も
意外と美味しいのでした





では
行ってきまーす!

DSC00927さけ





ご覧いただき ありがとうございます。
高知のブログランキングに参加しています。
1日一回、クリックして頂けたら嬉しいです。
  ゆっくりね 
    
人気ブログランキングへ