2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






畑の草刈り

ビニールハウスを作ってもよい、と許可をもらった長細い土地

前の記事←クリック


9月13日、ご主人さまが草ボーボーを刈りました

IMG_1205.jpg

カヤがいっぱいで、ショベルで掘り起こしてもらおうとある人に頼んだら

「こりゃー、草刈り機で刈って、新しゅー生えたがに
 除草剤を撒いたら一発!
 やっちゃれんこともないけんど、結局また生えるき意味がないわよ」

と却下されました



私達としては、長年使ってない畑を掘り起こしたい希望もあったんですけどね・・・







この土地を借りる事ができた、と単純に喜んでましたが
慎重派のご主人さまが
「どうも、はっきりせんき、調べたい」ということで
安芸の法務局まで行って調べてみました

すると、思っていた人とは別人の所有ということがわかりました
で、アレコレして、やはり借りられることになり一件落着!!

「やっぱり、調べてよかった
 あとあと問題になったら困るきね」





法務局で、畑などの土地の所有者を調べるときは

まず番地がわからないので大体の場所の「公図」というやつを
見せてもらいます
¥500-

そこいらあたりの土地の図(番地のみ書かれた住宅地図みたいなの)を
出してもらえますので目当ての土地を「ここの所有者を知りたい」と
言うと所有者の住所や名前が書いてある書類を出してもらえます
¥500-

(隣りの土地は?と言えばまたもや¥500-いります)

両方ともコピーを持ち帰れます





読んで頂きありがとうございます。
放棄している田畑があっても、農地法によって気軽に売買できないので雑草を刈る手間がなくなるのだったら、と貸してもらえることがあり、我が家もそうやって借りて果樹とかを植えています。
今でさえ少々の野菜を手入れ出来なくて「虫もつれ」にしてしまっている適当な私
ビニールハウスを建ててまで、家庭菜園をやる価値があるのかどうか・・・。

人気ブログランキングに参加しています。
こちらをクリック して頂ければしいです。

    
 このブログを応援
 1日一回のクリックが順位に反映されます

[ 2010/09/20 ] DIY | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://olive333.blog70.fc2.com/tb.php/154-f0baf36f